TEL.03-000-0000 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-38-1 2F 問い合わせ
2018.11.29 独立・起業
27

スタートアップにとっての「良いアイデア」とは何か

門福知樹

こんにちは。MOSO Mafia門福です。オフィスになぜか2冊ある『起業の科学』という本。いつもお世話になっています。

 

「起業」という不確定なものを科学するというなんとも興味深い本なのですが、その名の通り起業に関する問題をかなり論理的に解説してくれています。

例えば起業のスタートに欠かせない、「アイデア」についてもかなり詳しく書かれています。勉強のつもりもかねてその部分をまとめていきたいと思います。

 

 

スタートアップにとっての「良いアイデア」とは何か?

スタートアップにとって、「良いアイデア」の定義は何でしょうか?根も葉もない言い方をすれば「顧客から愛されて、売れる」アイデアなんですが、じゃあ愛されるアイデアとは何だろうか?というところからこの本はスタートします。

 

結論から言うと、「課題の質」と「ソリューションの質」がいずれも高いアイデアが、愛される、すなわち「良いアイデア」なわけです。

その両方がそれって始めて、市場で存在感を発揮するアイデアになるといいます。

 

基本はイシュー(課題)ありき

 

良いアイデアとは、「課題の質」と「ソリューションの質」の両方を高い次元で確保することが必要という話をしました。

じゃあ「ソリューションの質」を高めてから「課題の質」を高めても良いの?となるかもしれませんが、この本では

これはスタートアップにありがちな勘違いであり、「良いソリューション」をそのまま「良いアイデア」だと思ってしまっている。一般家庭の課題を十分に検証せずに、その解決策を投入するのは、危険極まりない。仮にニーズがあったとしても、技術力や資金力のある大手が市場に打って出ようとしている中、磨き込みが浅い課題設定ではまともな勝負などできっこない。

こう言ってます。要するに、

「今検討しているアイデアは、顧客にとって本当に痛みのある課題なのか?」

ということです。

例えば、タイピングの音が全くしないが若干重量があるPCの発明というソリューションが生まれたとします。そしてそれがどんな課題を解決できるか考えた時に、「タイピングの音でイライラする」という課題があるとしましょう。確かにそれは「顧客にとって痛みのある課題」を解決する手段ではあります。

ただその痛みの度合いは、もしかしたら我慢できるものかもしれません。タイピングの音が消える代わりにPCが重くなるというデメリットが発生するなら、僕もおそらく我慢すると思います。

だからこそ、顧客にとって「本当に」痛みのある課題がありきで、そこからソリューションを提案するという流れでなくてはならないわけです。ソリューション重視になってはいけません。

 

課題を軽視して失敗した例

 

ソリューション先行になるとどうなるのか。グーグルグラスを例にとってみましょう。

眼鏡型端末として一時期話題になったグーグルグラス。グーグルグラスの失敗原因は明確で、自分たちが作りたいものからプロダクトづくりを始めてしまったことです。

自分たちの作りたいものから作り始めるのは課題先行ではないですね。グーグルグラスの単価は1500ドルで、確かに機能は斬新でしたが一般消費者が手を出せる金額ではありませんでした。

それだけの値段にも関わらずどんな課題を解決するかということが明確ではありませんでした。それどころか、カメラ内蔵したグーグルグラスはプライバシーと侵害を引き起こすと問題視されて、バーへの入店を断られたり、あるいは端末を着用して車を運転することを禁止する条例ができたりした州もあります。アイデアの検討が不十分なプロダクトは課題解決どころか、逆に課題を生み出すものになりうるという皮肉に終わった例です。

 

 

 

では、課題の質を上げるにはどうしたら?

もっとも重要なのは、ターゲットの課題を自分ゴトとしてとらえられるか、だと思います。先日取り上げたエアビーも、ダイソンも、自分が痛みを感じている具体的な課題から始まり、その課題を自分ならどう解決するかという順番でビジネスアイデアが形成されています。

まとめ

もちろん課題の発見は始まりに過ぎません。そこから磨き込んでいく必要があります。

この記事を書いた人
門福知樹

体育会系オタク

LINE@で記事を受け取る