TEL.03-000-0000 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-38-1 2F 問い合わせ
2018.12.03 コラム
23

食べ物の写真をiphoneだけでおいしそうにするには?

門福知樹

こんにちは。MOSO Mafia門福です。

先日、弊社アプリ「summon」を使って、出張お弁当販売のサイトを作成したいというユーザーさんがいらっしゃいました。

普通の料理(例えばラーメンとかあんかけとか)は湯気も立っていますし、盛り付け方の段階からおいしそうに見えるように工夫することができますね。

しかしお弁当は、一つの容器に様々な食材を効率よく詰め込まなければなりません。本来お弁当はそういうものですが、そのぎゅうぎゅうさがあだとなりどうしても撮影段階からおいしそうにするのは難しい。

そこで、写真を編集することでよりおいしそうに見せることができるわけです。

 

編集はiphoneの機能で十分?

「編集」といっても、何もフォトショを使おうってわけじゃありません。正直よほど高いレベルを求めなければ、iphoneの編集機能で十分だと思っています。

例として、こちらのお弁当の写真を使用してみましょう。これだけでもおいしそうですね。お弁当ってなんでこんなにおいしそうなんですかね?ハイキングとかスポーツとかやって疲れた後に食べる事が多いから、そのイメージがついているのでしょうか?

 

 

まずは上記の画面から、どこでも良いのでスクリーンをタップ。

 

画面右上、「編集」をタップします。

そして下の右から2番目のマークを押し、明るさを設定します。次にライト→明るさを選択し、スライドして少し明るくします。

そして微調整を行った後の写真はこちら。食材の多くは、明るさを明るくして色味を暖色強めにするとおいしく見えますね。

ちなみに、写真に明るさを落として寒色を強くすると冷めてておいしくなさそうな感じになってしまいます。。

 

 

「少しでもおいしそうに見せたほうが良いのはわかるけど、編集って難しそうだからやらなくていいや!」って思っていた人は、iphoneの編集機能で簡単に試してみてください!

この記事を書いた人
門福知樹

体育会系オタク

LINE@で記事を受け取る