TEL.03-000-0000 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-38-1 2F 問い合わせ
2018.03.16 独立・起業
253

「SNS起業界の今後」—フリーランス秘書 高西愛美さんが語るサポート業を築いてきた軌跡④

taeko

セミナーやコンサル業の経験から、現在は企業やセミナーのサポート業を主とする「フリーランス秘書」として活動されている、高西愛美さん。
約15000字のインタビュー取材をお受け頂き、前回は、起業女子と一般社会とのギャップについてお話頂きました。
今回は、SNS起業界がどう変化していくのかについてのお考えを聞いて参りました。

SNS起業の今後は???

最近の動向とか女性起業家について考えていることはありますか??

私の周りにいる女性起業家の方々は、規模は様々ですが皆さん真剣に自分のビジネスに取り組まれていてお客様やユーザーのことをすごく考えていらっしゃる方が多いです。だからキラキラ起業女子と言われても、あまりピンと来ないです。そういう風には見えるんでしょうけど。

高西さんがすごくしっかりされてるので周りの方も似たような方が多いように感じました。

なので世間的にみた起業女子みたいなものは私にはちょっとわからないんですけど、私も含めて、今までSNSを利用して実績やサービスへの自信を積み上げてきた人たちにとっては、今がまた新たなスタート期なんじゃないかなと思っています。SNS の世界って狭くて、個人で手の届く範囲も狭かったと思うんですけど、でもそこである程度の実績を積んできた人たちは、次はマスに向けて何かしようとか、もっと社会に貢献しようという意識で動き始めていてるように思います。

SNSを使って起業された方の次の展開ですかね。

例えばメディア取材獲得のために行動していたりとか、世で広く活躍している人や企業さんと組んで動き出していたりだとか、そういう展開を見せていますね。もちろんSNSコミュニティの中 に残る人もいるだろうし SNS をベースとしながらも外に出て活躍し始めている人たちもいるので、世間的なキャリアで行くと今からが本当のスタートラインなんじゃないかなって感じはします。あくまで個人的な見解ですけど。

SNS起業された人にもいろんな方がいて、それぞれに活動の方向が定まってきた感じなんでしょうか。

これも個人的な感覚なんですが、今までは SNS 起業家って自分自身や個人の想いを満たすっていうことが結構メインにあったと思うんですよ、私も含めてなんですけど。子供がいても働きたいとか、家庭だけじゃなくて世の中と繋がりたいとか、今後のキャリアを考えて独立したいとか、好きなことを仕事にしたいとか、そういう個人の願いから始まっていたと思うんです。

個人の願い、ですか

それがある程度満たされたフェーズまできた人たちがたくさん出てきて、自分を満たした上で自分がどういう人達の役に立てるのか、どういう女性達が世の中に多いのかもわかってきて。それで世の中に向けてメッセージを発して行こう、社会に貢献していこうって言う動きに変わってきている気がしてて、それは良いなって思います。

新たな展開を見せるSNS起業界

世の中的にも、動きが変わってきてるんですね。

元々社会貢献の意識を持っている人たちが実際にそれを実現していこうという流れまできたから、逆にここから先は未知のものだと思います。うまくいくかもしれないし、いかないかもしれないし、それは分からないんですけど、そういう意味では新たな展開なのかなと思っています。

新たな展開・・なんだかどきどきします(笑)

SNS 起業界と呼ばれる中で大きなコミュニティを作られた方だったり、ビジネス的に実績を得てきた方たちが、今先陣を切ってマスに向けて進んでいかれているので、その人たちがどういうムーブメントを起こすのかっていうところに個人的にはすごく注目はしています。私もそこにサポートとして関われる機会があったらそれも面白そうだなって思います。私は自分が直接社会貢献!というタイプではないのですが、やったことが結果的に社会にとって良くなるのであればそれは良いなって思っていて。

SNSの分極化とこれからの起業人に必要なこと

SNS起業という言葉がありますが、SNSを使ってビジネスをされている人はいくつかのタイプに分かれたりするんですか??

SNSの世界は分極化されてきていて、より世の中に向かって頑張っていこうってしている人たちと、これから個人で頑張ろうとする人たちを伸ばしていこうっていう人たちと、もっともっと自分を満たしてお金稼いでっていう人たちとに分かれているのかなって思います。

なるほど

SNSの使い方を教えている人たちも、自分自身が本当にそれで人生が変わっていたり本当に何もないところから始めるには最適だからってことで教えているっていうんだと思うし、全てが全て世間で言われている?ような変な人たちではないですよ。
多分目立つのが、変な人たちなのかなぁとは思いますが。

結構目立つ人が目立って、そこで叩かれたり言われたりするので大半がそういうものだと思っていました。

そんなことないですね。目立つ人たちの中にはSNSそのものをサービスのメインで使っていますが、多くの方達は、SNSは補助的なツールだっていうことをよくわかっていますし。

自分がどうやっていきたいのかっていうのが結構問われますね。

問われますね・・ただ、自分の頭で考えないと簡単に大きな波に飲み込まれちゃうのかもしれません。教える人が言っていることを鵜呑みにしてしまったり。もちろん鵜呑みにしてもいいんですけど、どっかのタイミングで自分の頭で考える必要はあると思います。ちょっとでも変だなって思ったらちゃんと質問するとか。

自分で考えたり、自主的な姿勢が問われるんですね。

何を学ぶにしても講師やその手法との相性はありますし、例えば高いお金を払ったのに全然変われなかったとか、内容が薄かったとか、そんな風に言っている声を聞いたこともあって。確かに中にはあるのかもしれないんですけど、でもそもそも選んだのは自分だし、選ぶっていうところでも、じゃあ何でそれをやりたいと思ったのか??どこまで考えそう思ったのか??っていう・・難しいところですよね。あの人がうまくいったから私もできるんじゃないかとか、言い方は悪いですけどちょっと安易な考えの人たちが増えたっていうのはあると思います。

模倣がうまく自分の頭で考える「第二世代」とそれに憧れる「第三世代」。昔は通用していたことが通用しなくなってきた

自分で考えたり、自主的な姿勢が問われるんですね自分で考える力っていうのが弱まっている可能性があるんですかね・・。

多分初期くらいにSNSなどのサービスを集客ツールとして使い始めた人たちはどっちかっていうと開拓者に近くて、自分の頭で考えながら行動してその結果がどうだったかのPDCAを回していった人達なんですよね。そういう人たちは今はもうSNS以外のところでも販路を獲得していたりしていて。

なるほど。初期の頃の開拓者は既に他の販路も獲得されている、と。

そういう人たちが作った流れに、第二世代みたいな人たちが乗っかって、第二世代が結構台頭したのかなって。上手に真似ながらオリジナルに昇華していったる人達が台頭してきたころに、そこに憧れて第三世代がやってくる。

今は第三世代が入ってきたころ??

今はもうとっくに入っていると思います。
模倣やコピーから入るのが得意な第二世代は、自分の頭でも考えつつやれる人たちなんですけど、おそらく一年半ぐらい前から、あまり自分の頭では考えようとしない、全部教えてもらわないとできないという人たちが増えてきたのではないかなと観察していました。もちろん全員が全員そうじゃないですし、その中でも活躍されていく人は多くいましたけど。

SNS起業史の全体的な流れを聞けてよかったです。

うまくいく要因っていうのはいろんなものがかけ合わさるので。今はもう昔とお客様の属性も違うし、市場規模も、単価も変わってきています。
それこそ私が一番最初に受けたビジネス講座は、1ヶ月5万ぐらいだったんですよね。それでも当時の私には高い買い物だったから。

確かに、市場規模や単価は変化してきていますね・・。


でも自分で仕事をできるようになる方法を知りたかったから絶対その金額は回収するつもりで払いました。ただ、今はそういう講座が、のきなみ高価格になっているから、今はじめる人たちは大変だなと思います。

今の起業塾の相場はなかなかの高価格帯ですもんね・・。

やっぱりそれだけの高額を払うんだったらサポートも手厚いものを求めるだろうし、当時の私が30万だせって言われたら、間違いなくその時点で無理ですごめんなさいってなっています。
そう考えるとまだSNSがそこまでビジネスツールとして活用されていなかった頃に始められたので、タイミングが早かったですね。

SNSで起業する方の市場や取り巻く環境の変化についてお話頂きました。次回はフリーランスとしての働き方・マインドセットについてお話頂きます。

→フリーランス秘書として活動する高西愛美さんのTwitterblog

この記事を書いた人
taeko

MOSO Mafia メディア編集、PR、IR担当。サイドビジネスとして、女性向けの恋愛や仕事のあり方・生き方のコーチングを提供している。ブログ内にて、講座の内容や恋愛コラムも発信している。

LINE@で記事を受け取る