TEL.03-000-0000 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-38-1 2F 問い合わせ
2018.03.16 独立・起業
282

「SNSは私ではなく活動を見せる場所」—フリーランス秘書 高西愛美さんが語るサポート業を築いてきた軌跡③

taeko

セミナーやコンサル業の経験から、現在は企業やセミナーのサポート業を主とする「フリーランス秘書」として活動されている、高西愛美さん。
約15000字のインタビュー取材をお受け頂き、前回は、「起業女子」から「サポート業」へのシフトについてお話を伺いました。
今回は、一般社会と起業女子界での様々なギャップについてお話頂きます。

起業女子の世界では当たり前のことが一般的には当たり前じゃない

私は私の考えとタイミングで「起業女子としての働き方」とは別の働き方を模索しただけなので、起業女子がどうこうというのは私個人は特に何も思わないです。

じゃあ批判したりとかそういう視点ではなくてその人たちのやりたいようにやっていったらいいじゃん、っていう考え方なんですね。

批判とか否定とかはしようとは思っていないですね。特にする理由もないですし。ただ自分がそのマーケットにいた時に思っていたのは、起業女子の世界では当たり前のことは、一般的には当たり前じゃないということも多々あるという事でした。なのでそこは頭の片隅とかでも理解しておくといいのかなって思います。

具体的にはどんなことですか??

まず、起業女子といえば「自撮り」というイメージがあるんですけど。あれ、ありますよね?自撮り云々はSNSを個人で活用している人は割と普通にやっている事です。ただそれって企業が広告を出す時に、商品のビジュアルを良いカメラで撮影して編集して出すっていうことを、ものすごく個人レベルのサイズでやってるんですよね。

な、なるほど。

個人で仕事を受注する時、自分自身が商品となることもあるので、サービス提供している場面とかを写真とかでわかりやすく見せることで、個人のお客様が安心して申し込んでくれる。そんな風に日々プロモーションをしているので、それは言っちゃえば企業努力みたいなものかなと思っています。だから、別に批判するものでもないと思っていて。

そういう風に解説されるとすごくわかりやすいですね。

ただやっぱり一般的に見たら自分の顔ばかり上げていたら異様には見えますよね。例えば今私が言ったみたいな前置きがあれば、それはそうだよねっていう理解にはなるじゃないですか、多分。ただそこら辺を全部すっ飛ばして、「起業するなら SNS で自撮り」みたいな事だけが広く伝わってしまうと、それは普通にお勤めしている人からしたら意味がわからないと思います。

自撮りをする時に心がけていること

ああ・・今だから慣れましたけど、当時、会社員時代に自撮りしている女性達への免疫がなくてビックリしてしまったことを思い出しました・・(笑)。

毎日毎日タイムラインに人の自撮りが上がってきたら、多分多くの方が鬱陶しいって思うんですよね。好きな芸能人ならまだしも、そうじゃない一般人の顔ばっかり見せられても困るじゃないですか。だから自撮りを載せる時には最近は特に注意しています。できるだけ不快感を与えないように、一枚の画面の中での自分の顔の面積はどれぐらいの割合がちょうどいいかとか、無意識のうちにを考えています。

見る側のことも意識して発信されているんですね。

自分の顔大きく写ってるものを載せるんだったらあと2、3枚は他の写真をつけて面積を少なくすることでインパクトを減らすだとか。じゃあ最初から顔なんか載せるなよって話にもなるんですけど、ただ、この投稿をしたのは私だよって主語は伝えておかないと自分のプロモーションにならないから、私っていう存在を心に留めてもらう必要があるものには自分の気配を出すことを心がけています。

自撮りは載せるけど、自分の存在は出しすぎない、とても絶妙なバランスが必要なんですね・・。

例えば今日今ここで自撮りするとしたら、スマホの画面の中の自分はちょろっと入るぐらいで、このオフィスをがメインに見せようみたいなことを考えます。SNSでの写真プロモーションは、自分が今どこで何をしてるのかが見た人に分かるのが大事で、自分の顔を見せることが大事じゃないと思っています。だから別に自撮りじゃなくたって人に撮ってもらった写真でもいいし。写真に写る私はあくまでオマケで、本当に見せたいのは自分が関わっている会社さんとかイベントやお客さんといった自分以外のものなんですよね。

自分以外の人を際立たせる、高西さんらしさがここにも反映されているんですね。

SNSは私の活動を見せる場所なので。私の活動を見せていれば、例えば「ひとりスタッフを増やしたいな」っていう時に、「あ、そういえばまなちゃんが経営者の仕事をサポートしてたような」「この間あれやってたけどうちのもお願いできる??」
みたいな感じで声がかかったりして。私を記憶してもらうんじゃなくて「私の活動」を記憶してもらうことによってそういうことが起こったりします。

ただ単に自分と言う顔だけを写すんじゃないんですね。

むしろどっちかって言うと書いている文章を読んでもらいたいです。写真はその文章に「私」って言う主語をつけるだけのものです。あとイメージしてもらいやすくするため。文章だけだとやっぱり中々読まれにくくて、だから読んでもらうためのアイキャッチとしても使っています。そのイメージ画像やアイキャッチに自分の顔もなんとなく写しておく感じですね。決してメインではないです。

起業女子だけの世界にいると見えなくなってしまうことも多々あるかと思いますが、ご自身も起業女子としての活動をされながらも、俯瞰して一般社会とのギャップについて、お話頂きました。SNSでの発信の仕方についても、サポート業をされている高西さんならではの価値観を、所々発見することができました。
次回は、SNS起業界の今後についてお話頂きます。

→フリーランス秘書として活動する高西愛美さんのTwitterblog

この記事を書いた人
taeko

MOSO Mafia メディア編集、PR、IR担当。サイドビジネスとして、女性向けの恋愛や仕事のあり方・生き方のコーチングを提供している。ブログ内にて、講座の内容や恋愛コラムも発信している。

LINE@で記事を受け取る