TEL.03-000-0000 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-38-1 2F 問い合わせ
131

「60分起業体験」をAirbnbで作ってみた。(アカウント作成後の手順)

門福知樹

アカウント作成後の手順

アカウントを作成し、認証まで済んだらこの画面が表示されます。別にここからでなくても良いですが、「さあ、使ってみよう」をクリック。

画面右上、「ホストをはじめる」より今回は「体験をホストする」をクリック。

 

「はじめる」をクリック。

どんどんクリック。

 

ここで「ん?私のサービス適してないかも」と思ったら、「体験内容を確認する」で一応確認しましょう。

こちらも一応確認。

体験提供経験の有無を答えましょう。

 

 

 

ここら辺は、読みたい人だけ読んでください。(笑)僕は面倒臭がりなので毎回飛ばしてます。

 

体験を作成しよう

説明が終わると、いよいよ体験を作成する画面に切り替わります。左の項目にしたがって、どんどん必要情報を入力していきましょう。

 

言語を設定

 

 

いっぱい話せるとそれだけ人気出るみたいですね。

 

カテゴリを設定

 

 

たった3つしかないの?と思いましたが、近いものを選びましょう。

 

あなたについて を設定

 

 

在住年数、経験年数等を入力しましょう。

 

今後の流れ を設定

 

これも、ゲストが当日どんな体験をするかをできるだけ詳細に描けると良いみたいです。

 

集合場所 を設定

住所打ちましょう。

 

体験実施場所の紹介 を設定

 

先ほど打った住所と、体験を提供する場所が異なる場合はこちらを入力します。

 

ホスト側で用意するもの を設定

ホスト側で何か提供するものがあるときは、こちらで入力。

ゲスト側が持参するもの を設定

 

ゲストが容易すべきものがあるときは、こちらから入力していきましょう。

 

備考 を設定

 

写真を設定

 

代表渡辺の写真を使わせてもらいました。

 

参加要件を設定

 

年齢制限や、飲酒の有無など、制限がある場合は記入しましょう。

定員を設定

金額を設定

開催時間、終了時間を設定

予約設定

 

 

まとめ

 

ご覧の通り、体験を作成する際かなり多くの項目を入力する必要があります。正直面倒臭いです。

でもそのおかげで、ちょっとお試しにやってみよう!みたいな人がいなくなることで提供されている体験全体の質が向上するという効果を狙っているのではないでしょうか?

参考になれば幸いです!

 

この記事を書いた人
門福知樹

体育会系オタク

LINE@で記事を受け取る